光の射す方へ

先週末、生まれて初めてスノーボードを体験しました。

今だにおしりが痛い(*´-`)

 

スキー場で再確認したこと…

みなさんも経験したことないですか?

ゲレンデの端にいて、これ以上うしろへは行けないという状況で、前に行かねばと思いつつ立ち上がった瞬間、後ろ向きに滑り出して、慌てて自ら転けて止まるって経験を。

あるいは調子よく滑っている時に、視界の中に大きな木や止まっているひとが入って来て、そっちに行ってらダメだと思ったら、どんどんそっちに行ってしまうって経験。

インストラクターの先生に言われました。

「人間はそっちに行きたくないと思った方向へ行くようになっているんです!」と。

理由はそっちを見る(意識を向ける、フォーカスする)から

 

これって、病気もそうですよね。

「がんになりたくない」

「がんが再発したらどうしよう」

と思っていたら…

 

でも、先生、思いたくない、思ったらダメだと思ったら、余計にそう思ってしまうんです(T-T)

 

そのお気持ち、今まで以上に、よ〜〜くわかります

ゲレンデでまさにその通りのことを感じました

 

「先生、ちゃんとそっちを見ているのに、うまく行かないんです」

「顔だけ向けても、腰が引けていてはコントロールが効きません。

大事なことは、こちらへ行くとはっきりと思って、

勇気を出して、身体を起こして、

正しい姿勢で、身体ごとそちらへ向けて、

倒れそうになっても、自分から倒れないで我慢してたら、

時間はかかっても、ちゃんとそちらの方向へ行きます」

 

勇気を出して、やって見たら、あら不思議、

ちゃんと思った方向に行けました

「先生、できました!!」

 

本日の教訓

「がんになりたくない」

「がんが再発したらどうしよう」

はがんの方向へ引き寄せられる

 

「病気になりたくない」

「病気を治したい」

は病気に引き寄せられる

 

大事なのは

「こちらへ行く」=「健康になる」とはっきり思うこと

 

「病気」や「がん」ではなく、「健康」にフォーカスしましょう

そしたら、自然にそちらへ向かいます

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です